こんにちは、マーシィー稲田薬局の小池です(^^)
今日は一年で一番寒い日とされる「大寒」なんですね。
どーりで寒い(>_<)
冷えている人はさらに寒さを感じる日なんではないでしょうか。
体が冷えているとさまざまな病気の原因になります。
体温が1度減ると、基礎代謝が12%減り、免疫力30%も低下すると言われます。
理想は36.5℃
36℃になると冷え性になり、ストレスや、疲れが溜まりやすくなります。
35.5℃になると、腎機能の低下による排泄障害、アレルギー体質になり、35℃までくると、ガン細胞が活性化します。
体の冷えが進むほどガンやアレルギー、不妊症、うつ、糖尿病などの病気のリスクが増えるのです。
健康になるために体を温めていきましょうね(^^)

東洋医学には漢方だけでなく、体の外から体を元気にする方法があります。それは、ツボ(経絡)を温めて体内の毒素の排泄、血流促進、自律神経の安定、ホルモンバランスを整える外治と呼ばれる方法です。
漢方療法(内治)とツボ療法(外治)を同時に行えばさらに体感が得られます。
マーシィーで特におすすめしているのが温灸です。温灸は簡単にでき、ツボのあたりを温めるだけで効果を体感できます。

全身のツボが集まる耳にあてるだけでほっこり、気持ちいいですよ〜
こんな寒い日だからこそ、
お店で体験できるので是非^_^