長野県 長野市にあります 寛政年間から続く 健康カウンセリング薬局 永寿屋本店薬局 (マーシィー) です

漢方で見る体質チェック

中医学で体質タイプチェックをしてみましょう

体質は症状から判定できます。合計点数が高いところがあなたの体質です。
(体質は1つのタイプとは限りません。複合タイプもあります。)

*「漢方で見る体質チェック」は、マガジンハウス発行クロワッサン672号付録の小冊子より抜粋し、弊社が修正加筆したものです。

■ 気虚体質 点数
①疲れやすい 5
②かぜをひきやすい 5
③良く息切れがする 5
④冷え性 4
⑤胃もたれしやすい 4
⑥軟便、下痢をしやすい 4
⑦頻尿、夜間尿 4
⑧舌は色が淡く大きく腫れて、縁に歯の形が見える 5
血虚体質 点数
①顔色が白く、つやがない 5
②めまいや立ちくらみがする 5
③動悸、不眠、夢が多い 4
④抜け毛や白髪が多い 4
⑤かすみ目、疲れ目がある 4
⑥皮膚がカサカサする 4
⑦手足がしびれる、またはこむら返りが起こりやすい 5
⑧舌は色が淡く小さい 5
陰虚体質 点数
①のぼせ、ほてりがする 5
②空咳が続く 4
③目が乾きやすい 4
④口やのどが渇き、冷たいものを欲しがる 4
⑤耳鳴りがする 5
⑥便が硬い、またはコロコロして出にくい 4
⑦寝汗をよくかく 5
⑧舌は色が赤くて表面に裂け目が多い、苔ががほとんどない 5
気滞体質 点数
①不安や憂鬱、またはイライラ、怒りっぽい 6
②片頭痛がよく起こる 4
③のどに物が詰まったような不快感がある 4
④おなかが張り、ゲップやガスが多い 5
⑤下痢と便秘を交互に繰り返す 4
⑥生理の周期が不順、または生理の前に乳房や腹部が張る 5
⑦のぼせ、眠れない 4
⑧舌は両端が赤い、苔がある 4
瘀血体質 点数
①顔や唇の色が暗い 5
②しみ、そばかすが多い 3
③慢性的な肩こりや頭痛がある 4
④よく不整脈がある、また胸が苦しい 4
⑤慢性的な関節痛 4
⑥生理痛がひどい、生理にレバーのような血塊が混じる 5
⑦下肢の静脈瘤が目立つ 5
⑧舌は色が紫っぽく、黒いシミのような斑点があるか舌下静脈が太い 6
痰湿体質 点数
①肌が脂質で吹き出物ができやすい 3
②肥満、または水太り 5
③血中コレステロール値、中性脂肪値、または体脂肪率が高い 5
④体が重だるい 5
⑤めまいと吐き気がよくする 3
⑥痰が多い 5
⑦むくみやすい 5
⑧舌の表面にベトベトとした苔が多い 5
■ 気虚タイプ・・・「気」を補いましょう ■

【出やすい症状】 体のエネルギー源である「気」は、「気」「血」「水」のり-ダー的役割。「気」が足りないと、疲労感や倦怠感、冷えが出やすい。ほかに、風邪をひきやすい、食欲不振、胃もたれ、軟便、下痢などの症状も。花粉症などのアレルギー症状も現れやすい。
【舌の状態】 全体的に淡い色。厚く、はれぼったい感じ。舌の縁に歯の跡が波打つようについていることがある。
【対策】 補気(気を補う)
【代表方剤】 星火健胃錠、補中益気湯、衛益顆粒、麦味参顆粒など。
【おすすめの食材】 牛肉、鶏肉、うなぎ、鶏卵、えび、もち米、山芋、かぼちゃ、玉ねぎ、にんにく、ねぎ、生姜、豆、納豆、きのこ、栗、りんご、ほうじ茶、紅茶など。
【避けたり、ひかえたい食材】 冷たいもの、生もの、脂っぽいもの、刺激の強い食材(唐辛子、わさびなど)。

■ 血虚タイプ・・・「血」を補いましょう ■

【出やすい症状】 めまいや立ちくらみ、乾燥やかゆみなどの肌のトラブル、白髪や抜け毛などの髪のトラブル、生理不順、不妊症などの婦人科のトラブルも起こりやすい。ほかに、目の疲れ、手足のしびれ、不眠、息切れ。不整脈などの心臓疾患も現れやすくなる。
【舌の状態】 他の体質に比べて小さい。全体的に淡い色。舌の苔はうっすら。
【対策】 補血(血を補う)
【代表方剤】 婦宝当帰膠、帰脾錠、参茸補血丸、十全大補丸など。
【おすすめの食材】 豚肉、烏骨鶏(または地鶏)、うずら卵、黒米、黒豆などの黒色の食材。人参、トマト、なつめなどの赤色の食材、かき、ほうれん草などの補血食材。ほうじ茶、紅茶など。
【避けたり、ひかえたい食材】 冷たいもの、生もの、脂っぽいもの、甘いもの、辛いもの(唐辛子、わさびなど)を摂り過ぎない。

■ 陰虚タイプ・・・潤いを与えましょう ■

【出やすい症状】 「水分」が不足している状態。体に潤いがなくなり、余計な熱が生じ、のぼせやすくなる。更年期は陰虚に傾きやすく、のぼせ、ほてり、めまい、耳鳴り、寝汗、生理不順などの更年期症状は、陰虚体質の症状とぴたり重なる。また、肌の乾燥、から咳、乾燥便、口乾、微熱などの乾燥症状もある。
【舌の状態】 全体的に赤い。舌の苔は少ない、またはほとんどない。舌の楓ハに裂紋(裂け目)があることも。
【対策】 補陰(陰分を補う)
【代表方剤】 六味丸、杞菊地黄丸、八仙丸、天王補心丹など。
【おすすめの食材】 豚肉、鴨肉、鶏肉、すっぽん、はまぐり、あわび、黒米、豆乳、豆腐、れんこん、きゅうり、トマト、ゆり根、ごま、白きくらげ、梨、ライチ、レモン、メロン、ミント茶、緑茶、菊花茶など。
【避けたり、ひかえたい食材】 香辛料、薬味野菜、冷たいもの。

■ 気滞タイプ・・・「気」の流れをよくしましょう ■

【出やすい症状】 「気」の巡りが悪い状態。自律神経のコントロールがうまくいかず、精神的に不安定。イライラ、怒りっぽい、憂鬱、不安、落ち込みやすいなどの状態が出やすい。ほかに、胃やお腹や脇腹が張る、ガスやゲップが多い。高血庄などの症状、生理不順月経前症候群など。
【舌の状態】 両側が赤い。中央に白、または黄色の舌苔がある。
【対策】 行気(気を巡らせる)
【代表方剤】 開気丸、逍遙丸、半夏厚朴湯、シベリア人参茶(オリエンタルハーブ)など。  
【おすすめの食材】 香り野菜(セロリ、せり、三つ葉、ミントなど)、いか、あさり、しじみ、発芽玄米、ゆり根、苦うり、陳皮、クコの実、菊花、かんきつ類、ミント茶、ジャスミン茶、バラ茶、ラベンダー茶など。
【避けたり、ひかえたい食材】 味の濃いもの。イライラ、頭痛がある時は辛み、ガスやゲップの多い時は芋類、豆類。

■ 血タイプ・・・「血」の巡りをよくしましょう ■

【出やすい症状】 「血」の巡りが悪いと、皮膚、開節、体の末端に栄養が運ばれず、新陳代謝が低下。顔、唇、歯茎の色が暗く、シミ、そばかすが多い。肩こり、関節痛、頭痛があり、子宮内膜症、子宮筋腫になりやすく、生理痛が重く、レバー状のかたまりが混じることも。
【舌の状態】 暗く紫っぽい色。黒いシミのような斑点があることも。舌裏の2本の静脈太く長く浮き出ることがある。
【対策】 活血(血行を促進)
【代表方剤】 冠元顆粒、血府逐?丸、田七人参茶(オリエンタルハーブ)、桂枝茯苓丸など。
【おすすめの食材】 いわし、さんまなどの青魚、どじょう、玄米、玉ねぎ、にんにく、らっきょう、にら、ねぎ、生姜、黒きくらげ、シナモン、サフラン、黒酢、紅花茶、バラ茶、、シナモン茶など。
【避けたり、ひかえたい食材】 脂肪、とくに肉の脂身、バター、甘いもの、塩辛いもの、味の濃いもの、冷たい飲み物、アイスなど。

■ 痰湿タイプ・・・「水」のハケをよくしましょう ■

【出やすい症状】 新陳代謝が悪く、余分な水分が溜まりやすい。溜まった老廃物「痰湿」が外に出ようとするため、二キビ、吹き出物、痰、おりものが増える。肥満または水太り、だるさ、吐き気、めまい、むくみがある。高脂血症、糖尿病にもなりやすい。熱がこもるタイプと、体が冷えている寒タイプがある。
【舌の状態】 厚いベトベトした舌苔がある。熟タイプは黄色い舌苔、寒タイプは白い舌苔。
【対策】 利水(水分代謝をよくする)
【代表方剤】 星火健胃錠、勝湿顆粒、五苓散、苓桂朮甘湯、星火温胆湯、瀉火利湿顆粒などを水湿・痰湿および寒熱の違いにあわせて。
【おすすめの食材】 玄米、はと麦、海藻、きのこ、たけのこ、根菜(ごぼう、だいこんなど)、アスパラガス、かぼちゃ、こんにゃく、緑豆、さんざしなど。
【避けたり、ひかえたい食材】 肉類、卵黄、魚卵、脂っぽいもの、味の濃いもの、炭酸飲料、水分(とくに冷たい飲み物に注意)。

「健幸館」 営業カレンダー

営業時間

10:00~19:30

処方箋

日曜日・祝日定休
※店頭で血液検査が出来ます
(予約制)

門前薬院 永寿屋本店

日曜日定休

健幸工房

土曜日・日曜日定休
10:00~20:30(受付終了19:30)
(☆クレジット利用可)

お問い合わせ先

健幸館

TEL:026-239-6767

調剤室

TEL:026-239-6606
FAX:026-239-6616

健幸工房

TEL:026-263-5021

門前薬院 永寿屋本店

TEL:026-232-2208

お買い物はこちら

私たちが自信を持ってお勧めする商品です

PAGETOP
Copyright © MERCY Co.,Ltd All Rights Reserved.