マインドフルネスを体得す際にはさまざまな手法が用いられますが、その中でも最もメジャーであるのが「マインドフルネス瞑想」です。

「マインドフルネス瞑想」をすると、1つのことに深く集中する時間を持つことにより、集中力、記憶力、作業処理スピードの向上になります。

また、一点集中型のリラックス状態に移行すると、自律神経が整い、副交感神経が優位となり、自然と身体のストレスが軽減されます。

そして、ストレスが軽減された結果、免疫力の向上につながると言われています。

さて、基本のマインドフルネス瞑想は次の3つのステップで行います。

1、姿勢を整える

2,呼吸を整える

3,心を整える

座って背筋を伸ばし、姿勢を整えます。

呼吸を整えながら、深呼吸を1~2度行いましょう。

次に目を閉じ、ゆっくりと鼻呼吸を始めてみましょう。

自分の呼吸に意識を向け、お腹が膨らんだり、へこんでいく動きを観察してみます。

雑念が湧いたときは、素直にそれを感じて受け入れ、再び今この瞬間に意識を向け、瞑想を続けてください。

5~20分程度行ったら、ゆっくりと目を開き、少しづつ意識を戻していきましょう。

まずは1日10分、徐々に慣れさせていきながら、コツをつかむことが重要です。

難しく考えないで、1日1回呼吸だけを意識する時間を作ってみませんか?

 

 

健康相談&漢方相談のご予約は↓↓

https://www.e-mercy.co.jp/kanpo-2/

 

 

イベント情報や健康情報を配信中

永寿屋&マーシィーLINE↓↓

https://lin.ee/bMu4TEe