セロトニンが増えるから幸福を感じるのか、幸せを感じるからセロトニンが増えるのか

うつ病の原因は未だ解明されていませんが、脳内のセロトニンとノルアドレナリンという2種類の物質が大きく関与していると考えられています。

セロトニンは、神経細胞内で作られる神経伝達物質で、脳内に放出されると、同じ神経細胞に再度取り込まれるという性質があります。

正常であればこのバランスが保たれていますが、セロトニンが低下すると、うつ病やパニック障害を引き起こすとされています。

そこで神経細胞に蓋をし、セロトニンの再取り込みを阻害することで、脳内のセロトニン量を増やす働きをするSSRIという薬がうつ病の治療に使われます。

セロトニンがきちんと働いていれば、感情のコントレールがしやすくなり、多少のストレスがあっても、イライラしたり、きれるといったことは起こりにくくなります。

またセロトニンが活発に働くと癒しやリラクゼーションをもたらす「アルファ2」という特別な脳波が出現することが分かっています。

この脳波が出現しているときは、緊張や不安が取れ、混乱も静まるため、ネガティブな思考も減少して元気になります。

セロトニンの分泌量を増やすには、リズム運動やウォーキング、太陽の光を浴びる、深呼吸をする、スキンシップしたりするのがいいと言われていますが、座禅でも出てくることが分かっています。

座禅を組んでいるときの心は雑念が取り払われて無の状態になり、非常に穏やかな心になると言いますが、セロトニンによって得られる幸せは精神世界に通ずるものがあるようです。

薬などを外部から摂取してセロトニンを増やすより、今、ことの時に幸せを感じてセロトニンを増やしたいと思いませんか?

 

健康相談&漢方相談のご予約は↓↓

https://www.e-mercy.co.jp/kanpo-2/

 

 

おうちで学ぶ「氣」の滞りを解く許しの講座 オンライン販売中↓↓

https://eijyuyamercy.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=2683481%2C0&keyword=