牛黄とは?

牛黄とは、牛の胆嚢などにできた結石、すなわち胆石です。

牛の胆石は千頭に1頭の割合でしか発見されないため、大変貴重な生薬とされています。

中国の有名な薬物書『本草綱目』では、「薬物として高価なることこれ以上のものはない」と記されるほどで、その優れた効き目だけではなく、入手すること自体も困難だったということを今に伝えています。

牛を大量に殺すことができなかった昔、牧場の衛生管理が生き届き、結石を持った牛が少なくなった現代、どちらの時代においても牛黄が希少な生薬であることは変わりません。

形状は直径約1~4cmの球状または塊状で、色は赤みがかった黄褐色。

割ってみると木の年輪のような文様があります。

また口に含むとわずかな甘みと程よい苦味があるものが良品と言われています。

牛黄の主な働き

強心作用・鎮静作用・解熱作用・血圧調整作用など(麝香の働きを補佐するものとして使います。)

※麝香・牛黄はとても高価です。

また邪気の侵入が身体の奥にまで達しているときは、この方法では届かない場合があります。

自己流でお使いにならず、ご相談ください。

 

漢方相談&健康相談は↓↓

https://www.e-mercy.co.jp/kanpo-2/