清潔すぎる環境はアレルギーの原因になる?

 

私たちは、多くの細菌やウィルス、ダニや花粉といった異物に囲まれて生きています。

 

免疫はそれらの外敵から身を守るための仕組みです。

 

アレルギーとは、その免疫が過剰に働き過ぎてしまう状態です。

 

免疫細胞には様々な種類がありますが、Th1という細胞は細菌やウィルスに対応する免疫細胞、Th2細胞はダニや花粉に対応する免疫細胞です。

Th1とTh2は、どちらかが強くなりすぎるとバランスが悪く、お互いにけん制しあうようにできています。

しかし、清潔で細菌やウィルスに関することの少ない現代では、Th1細胞が増加せず、Th2細胞のダニや花粉に対する過剰な攻撃を抑えられなくなり、アレルギーの人が増えているという説があります。

アレルゲンに対する過剰な攻撃を抑える免疫細胞もある!

 

制御性T細胞(Treg)という免疫細胞は、他の免疫細胞の暴走を抑制する働きがあります。

アレルゲンに対する免疫細胞の攻撃が過激になるとアレルギー症状が強く現れますが、Tregがこれを抑えることで症状悪化が抑えられます。

なお、腸内細菌が作る酪酸はTregの分化を誘導するという研究発表もあります。

 

お気軽にご相談ください

永寿屋本店  TEL 026-232-2208

漢方の永寿屋 TEL 026-239-6767

 

漢方相談、健康相談のご予約はこちらをクリック

 

LINE友達募集中!

健康情報、イベント情報、限定クーポンなど配信しています↓

友だち追加