■「不妊であること」と「不妊治療を受けていること」には、多大なストレスが伴います。

 

治療を受けても、いつ妊娠するかわからないし、必ず妊娠できるとも限らない。

先が見えない中で、治療はどんどん進んでいくし、治療費だってかさむ・・・。

不妊治療は、それ自体、多大なストレスを伴うものです。

 

■また、社会的プレッシャーも無視できません。

 

周囲からの「お子さんはまだ?」「作らないの?」といった何気ない言葉が、グサリと心を傷付けます。

 

不妊治療を受けている人が、どのような言葉に傷ついたか、調査があります。

不妊治療を受けている354人の患者さんが対象で、複数回答は可になっています。

上位20位のみを紹介させて頂きます。(セント・ルカ産婦人科調べ)

 

  • お子さんまだ?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・219
  • つくらないの?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・128
  • 〇〇さんは〇人目よ!・・・・・・・・・・・・・・・・・・112
  • 自由でいいわね!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・101
  • お金が貯まるでしょ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・93
  • そろそろ作ったら?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・84
  • 仲良すぎても出来ないわよ・・・・・・・・・・・・・・・・・83
  • 大丈夫すぐ出来るわよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・76
  • 〇〇さんは〇年目で出来たわよ!・・・・・・・・・・・・・・74
  • 欲しくないの?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・58
  • 2人の時がいいわよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・45
  • 私はすぐできた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・44
  • 孫の顔が見たい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・43
  • 治療してるの?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・39
  • 家がきれいでいいわね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・39
  • 子供はいいわよ~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・36
  • ご主人は欲しがらないの?・・・・・・・・・・・・・・・・・24
  • 老後はどうするの?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・24
  • 避妊してるの?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20
  • いつまでも若いわね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20

 

さらに、「妊娠できなかった時の悲嘆」をどうコントロールするか?

「子供ができない自分」とどう折り合いをつけていくか?

 

といった内面的な葛藤に苦しむことも珍しくありません。

 

生理が来る度に、涙に暮れ、ご自分を責めてしまう辛さをシェアできずにいると、精神的にまいってしまうことも、たびたび起きて当然です。

 

このような精神状況ですと、人間の身体は、どんどん自律神経の中の交感神経が優位になっていき、そのために、今すぐに自分の命に関わらない次世代のために必要な生殖器(女性なら卵巣・子宮/男性なら精嚢)に、あまり血液が回されなくなっていきます。

 

それによって、益々、妊娠しづらい体内環境が作られてしまうのです。

 

こういうストレスに対して、どうやってそのストレスをマネージメントするか?

という視点から、ご自身の意識の中にある思い込みや先入観を手放し、辛い感情を第3者にシェアできるようになったり、ご主人に話せるようになったり、「子供がまだ出来ないことを隠そうと思わなく」なったり、周りの余計なお節介に、いちいち反応しない心を創ることができるようにするのが、漢方の永寿屋のカウンセリングです。

 

漢方の力を借りて、心を軽くすることも可能です。

 

もちろん、西洋医学的な治療の中で疑問に思う事や、不安に思う事を、ご相談頂いても

いいです。

 

私たちは、幸せの花が咲くのをお手伝いするために、心の「よい土づくり」と

お身体の「よい土づくり」を、どちらも提案させて頂きます。

 

お気軽にご相談下さい。

 

ご相談の予約はこちら

 

永寿屋本店 ℡026-232-2208

漢方の永寿屋 ℡026-239-6767