生理痛で下腹部の痛みや頭痛、吐き気、イライラなど、様々な不快で辛い症状に悩まされている人も多いはず。

 

生理は女性の健康を知る大切なバロメーターです。

生理痛はあることが当たり前ではありません。

 

痛みがあるということは、体からの異変を知らせるサインになります。

 

「みんなもあるし、仕方がない・・」と諦めてしまわず、「脱生理痛」「脱PMS」を目指し、今日から生活を見直して、生理をもっと楽に過ごせるようになりましょう。

 

生理痛・PMS予防のカギは、生活習慣にアリ!

毎月のように、生理痛・PMSに悩んでいる方は予防するために、毎日の生活を見直しましょう。

 

生活リズム、冷え、運動、食べ物や飲み物などを気をつけることによって、ホルモンバランスが整い、血行がよくなることで、改善が期待できます。※具体的な生活習慣の改善法を知りたい方は、是非、ご相談下さい。

 

生理痛・PMSに効果的なツボ

「気海」というツボは、読んで字のごとく、気が海のように集中しているポイントといわれています。

気海の位置はおへそから指2本分程下にあたるところです。

生理不順に効果があるとされていて、生理予定日の一週間位前から、気海のツボを押すと生理痛をやわらげる効果が期待できます。

入浴後や寝る前は身体がリラックスしているので、効果を感じやすいでしょう。

 

身体を元気にするるツボともいわれているので、生理前でなくても、疲れを感じているときに押すのもお勧めです。

 

また、便秘や下痢の改善にも効果があるといわれているので、生理前に便秘になる人も、気海のツボを刺激してみて下さい。

 

おへそから指4本分下にある「関元」や、関元からさらに指1本分下にある「中極」、中極から左右に指3本分離れたところに位置する「帰来」などのツボがあります。

これら3つのツボも有効です。

 

「三陰交」は、足首の内くるぶしの一番高くなっているところに小指をあてて真上に指4本分、ちょうど人差し指があたるところです。

婦人科系のトラブルに効果があるとされていて、生理痛の緩和にも期待ができます。

冷えにもとても効果的といわれています。

 

夏場でもクーラーのせいで身体が冷えてしまうなど、年中冷えに悩まされる女性が増えています。

冷えは生理痛やPMSを悪化させる原因でもあるので、三陰交のツボを押して、冷え予防、改善することをお勧めします。

 

「合谷」は手の甲にあるツボで、手軽にツボ押しができるため、覚えておきたいツボのひとつ。

 

万能のツボといわれていて、生理痛だけでなく、頭痛や肩こりにも効果があるといわれています。

手の甲を上にして、親指と人差し指のくぼみ付近にあります。

 

両指の骨が交わる部分よりやや人差し指よりのところが合谷です。

 

合谷のツボは、ストレスの緩和にも効果があるとされています。

 

イライラしたり憂うつになったり心が乱れた時に、自律神経の乱れを整える効果が期待できます。

 

通勤電車の中やデスクワーク中でも押しやすいツボなので、生理が始まる前やちょっとひと息つきたいときに、呼吸を意識しながらツボを押してみましょう。

 

ツボ押しだけでなく「温灸」をあてて温めるのも効果的です 

 

医療用具
しょうしおんきゅうき
邵氏 温灸器

1セット
10,230円(税込)

 

お気軽にご相談くださいね

 

漢方相談、健康相談のご予約はこちらをクリック

 

永寿屋本店 ℡026-232-2208

漢方の永寿屋 ℡026-239-6767