運動や身体を動かすことで、運動後に気持ちが晴れた、イライラが吹き飛んだ、スッキリした、こんな経験ありませんか?

 

漢方の永寿屋内にあるトレーニング施設で運動されているお客様も、運動をしたあとスッキリしたと仰られる方も結構いらっしゃいます。

 

これは、運動によって脳が活性化するためです。

 

脳の機能の向上を助ける、BDNFという物質(脳由来神経栄養因子)はタンパク質の一種ですが、運動をすることで増加することがアメリカ・ピッツバーグ大学の研究で明らかになっています。

 

脳の中でも、特に記憶に関わっている海馬でBDNFが増えるそうです。

 

そのため、適度な運動は、脳機能の活性化による、記憶力の向上、新しい情報の蓄積効果が期待できます。

運動の強度は、1日45分~60分の運動で認知機能の改善がみられたほか、週に1回のジョギングや有酸素運動を行うだけでも脳機能に好影響を与えることが研究で明らかになっています。

 

そして、運動は脳の神経伝達物質であるドーパミンの分泌も促します。

ドーパミンは私たちのやる気や意欲の向上、快感や多幸感に関わっている物質で、運動をすることで脳内のドーパミンが分泌されると、憂鬱感の解消や認知機能の向上に役立ちます。

 

運動をして気分がよくなるのは、ドーパミが分泌されるためです。

 

このドーパミンという物質は、パーキンソン病に深く関わっており、ドーパミンを作る神経細胞が減少することで脳内のドーパミンが減少し、発症します。

 

ですので、適度な運動で脳を活性化させドーパミンを分泌することはがパーキンソン病の予防にもおすすめです。

 

運動についてのご相談は、運動元気倶楽部へ

お気軽にご相談くださいね

 

ご相談の予約はこちら

運動元気倶楽部 ℡026-263-5021

永寿屋本店 ℡026-232-2208

漢方の永寿屋 ℡026-239-6767