脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳血管障害は、日本人の死因の多くを占め、発症するとその後の人生に大きな影響を与えかねない病気です。

 

発症するまでの、日々の生活での予防が大切になってきます。

 

〇脳血管障害の原因

 

脳血管障害は、血管が固く厚くなる動脈硬化が発生原因として挙げられます。

動脈硬化が進むと、突然血管が破れ、出血を起こしたり、血管内を流れる血流量が減り、脳梗塞を起こします。

 

〇予防法

 

動脈硬化は、肥満や高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病によって進行するので、食生活や、運動が動脈硬化の進行を遅らせるカギになっています。

自分の血管の状態を知ることも重要です。

永寿屋には、ご自身の毛細血管を見ることができる器械を設置しています。

 

定期的に血管の状態を把握していくことが大切です。

 


 

特に、血管がねじれていたり、ぐにゃぐにゃ曲がっていたり、太くなっていたり、血流がドロドロと流れている人は注意が必要です。

 

対策として、食生活や、睡眠、運動、ストレス対策などの改善、

血流を良くする漢方や、サプリメントの力を借りることもおすすめです。

 

お気軽にご相談ください。

 

 

漢方相談、健康相談のご予約はこちらをクリック

 

LINE友達募集中!

健康情報、イベント情報、限定クーポンなど配信しています↓

 

友だち追加