現在は3人に一人、将来的には2人に一人がガンになると言われています。

人間の細胞を一切ガン化させないことは、たぶん不可能であると私は考えています。

人間も生物として60兆と言われる全身の細胞たちが日々進化を続けていて、細胞がその細胞を取り込む環境に合わせようとして変化していく活動の一部として、低酸素状態などの悪環境でも生き延びるガン細胞への変化があると考えられるからです。

細胞のがん化は決して細胞の悪意ではなく、懸命に自分の役割を果たそうと努力した結果なのです。

それゆえ、細胞内の核の中にある遺伝子の中に、細胞をガン化させる情報も逆にガン化を抑える情報も、最初から組み込まれているのです。

どの情報を使うか、その判断はその細胞の周りの環境を感じ取ることができる細胞膜が行っているはずで、細胞膜が細胞をガン化させて細胞として生き延びる道を選ぶのか、逆にガン化をストップする道を選ぶのか決めていると思われます。

ゆえに「ガンに効く生き方」とは「細胞の周りを正常細胞が生きやすい環境にしてあげる生き方」「細胞が自分自身をガン化させてまで生き延びようとしなくても済む環境にしてあげる生き方」ということになります。

この環境の中には、意識・感情・電磁波・放射線などの物質ではないものも含みます。

 

 

漢方相談・健康相談のご予約は↓↓

https://www.e-mercy.co.jp/kanpo-2/

 

北澤尚雄の「氣」の滞りを解く許しの講座 オンライン販売中↓↓

https://eijyuyamercy.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=2683481%2C0&keyword=

 

永寿屋&マーシィーLINE↓↓

https://lin.ee/bMu4TEe