免疫と自律神経とホルモンによる生命活動の調整網のことを「ホメオスタシス」と呼びますが、自律神経が自律神経だけで成り立っている訳ではなく、何らかの形で、免疫やホルモン分泌と関わり合って、成り立っていることを知って頂ければ幸いです。

更年期の時の自律神経失調は、閉経にともなって、女性ホルモンの分泌が激変するために起きます。

新型コロナウイルスによる感染後の後遺症や、新型コロナ用のmRNAを使ったワクチンを打った後に起きている様々な症状や、持病の悪化による自律神経失調症状は、免疫機能の失調が起きて、自己免疫性(自分の免疫細胞が、自分の正常細胞を攻撃するタイプ)の症状が現れていると考えることができます。

 

このように、人間の身体を大きく全人的に捉えて、調整していくのは、漢方医学的なアプローチが有効です。お困りの際は、一度、ご予約を頂き、ご相談下さい。

 

ご相談の予約はこちら

 

永寿屋本店 ℡026-232-2208

漢方の永寿屋 ℡026-239-6767